« 第8話「怪物くん」前編! | トップページ | 危険なふたり「嵐にしやがれ」 »

2010年6月 6日 (日)

第8話「怪物くん」後編!

昨日の「怪物くん」の8話

あまりにも長くなりましたので
一旦、アップしたのですが二つに分けてしまいました!スミマセン~

と言うことで~続きです
ここからはシリアス編とでも言いましょうか

キャンプ場から、悪魔族にとらわれる怪物くんと正義くん
正義くんに、自分が怪物なんだと
バラすときの顔が、ちょいワルになってて可愛い~♪
デモキンの口車にのって
あっさりと、怪物ランドへの入口を喋っちゃう怪物くん
「うちの屋敷からチャチャッーってな」って~
あららー!言っちゃっいましたね~(これで新大王になって大丈夫か?)
あまりに純粋すぎる怪物くん
でも、Drマリスのことはケチョンケチョン(笑)
身代わりの正義くんのために、魔王石を持ってくることに!
しかし、魔王石を知らなかったことにDrマリスもびっくり(笑)
そんな裏切り者のDrマリスも、デモキンに~~やられた!

ところどころ、デモリーナに
やさしくて人間らしいよし江さんの部分が出てきて
苦しむさまが切ない~(泣)
怪物くんのために、偽物の石ころを拾ってくるヒロシくん
ついに、寂しかったと本心を言うヒロシくん
「怪物くんと離れたくない~」って
「寂しいなら素直に言えよ…」な怪物くん(お前が言うか!)
すっごく~やさしい顔でヒロシくんを見つめてます
もうね~なんてやさしい表情でしょうね
こんな顔で見つめられたらイチコロですよ~
それにしても、怪物くんってやっぱり百面相ってくらいに
表情にバリエーションがあってスゴイ!
あ、怪物くんというか大野くん(笑)
忠実に怪物くんになってますから

急に、我にかえって正義くんを助けに走れメロスのごとく
偽物の石ころを持って走りだします
「ヒロシ最高!ウタコ最高!」
「正義くん最高ー!」違うって~(泣)

で、そこにはもう正義くんはいない
屋敷に戻っているとデモリーナに聞いて
喜び勇んで屋敷に戻りますが
このときに、出ていく怪物くんの走るうしろ姿が
これまた、背中が丸くて手もマンガチックな格好で
本当に大野くんが、細かい表現をしているんだな~って
あらためて感心します
やっぱり、大野くんはアーティストの才能に溢れている人なので
その描写が細部にまで行きとどいていて凄いですね

屋敷に戻ったら荒らされ放題で
倒れていた爺やさんも…前髪が…乱れてます(笑)

怪物ランドでは、大王さまが~デモキンにやられてました(泣)
デモリーナも出てきて
ここで、すべてのことが明らかにに!
初めてだまされていたと知る怪物くん
その、怪物くんのセリフが泣けます…
「信じてたのに…」
「だまされるとわかっていたら…」
「お前らなんて…好きにならなかったのに!!」(泣)
ここのセリフのあたりは
まるで舞台での大野くんの声を聞いているような錯覚に
不思議と、ここでの怪物くんの表情は
そんなに表現されてなく、真剣な顔で
むしろ、大野くんがこの大きな声で言うセリフに
力を込めていたのかな~と感じました

だまされていたのに、まだデモキンに友達だろ~と言う怪物くん
純真すぎる~!
念力を使っても、デモキンにやられてしまうんですね(泣)
必死に戦う表情が男前~
で、そんな怪物くんをかばって
デモキンに石化される大王さま~(泣)
もう~悲しい~(泣)
こんな話には、とことん弱いもので…私
大王さまの「頼むよ~」がよわよわしくて~(泣)
完全に石像になってしまった大王さま
パパーと呼んで泣き叫ぶ怪物くんが悲しすぎる
ここで、ドラマチックに「Monster」が!

「悪魔族は何でこんなことするんだ…」
「あんなやつに勝てねぇよ」と逃げ出そうとする怪物くん
「うるさーいっ!」
「俺じゃ無理だよ!俺じゃ無理なんだよ~」って泣き叫ぶ怪物くん(泣)
あー!
どうなるんですか!最終回~(泣)
「パパ…」
大王さまは元に戻れるんでしょうか~!もう戻れないの?
そんなのイヤだー
頑張れ怪物くん!!

相変わらずの長さでスミマセン!
今回の8話は、前半のコミカルな怪物くんと
後半のデモキンとの対決の怪物くんと
さまざまな演技を観ることが出来ましたね~
そして、怪物くんの大野くんだけではなくて
デモキンも、デモリーナも、ウタコちゃんとヒロシくんも
裏に本心を隠した演技が満載でした

特に大野くんのコメディセンスと
舞台さながらの声と
そして、笑いと悲しみや怒りや切なさ
いろんな表情で怪物くんを演じている大野くんに
本当に感動でした!
最終回は、王子になって戦う姿が観られますね
そして、最後には松潤も♪

たくさん、たくさんあるなかで来ていただいてありがとうございます
そして、最後まで読んでいただいて本当に感謝しています!

|

« 第8話「怪物くん」前編! | トップページ | 危険なふたり「嵐にしやがれ」 »

ドラマ「怪物くん」」カテゴリの記事

コメント

◆さとみ様
こんばんは~拍手メッセージをありがとうございます♪お返事遅くなりました
海荷ちゃんのブログでですか~クランクアップしたんですね~
大野くんはどうなんでしょうね♪
いよいよ~最終回ですね…土曜日がドキドキです
またいつでも遊びに来て下さいね

投稿: みねこ→さとみ様へ | 2010年6月 8日 (火) 22時10分

◇りく様
こんばんは~コメントありがとうございます♪初めまして~ですね
(違っていたらスミマセン!)お返事が遅くなりました
怪物くん8話は、大野くんの演技力が表現力の素晴らしさが
たくさん詰まっていましたね
あらためて、凄いな~と思いながら観てました
これからも、もっともっと活躍してほしいですよね
また、いつでも遊びに来て下さいねヽ(´▽`)/

投稿: みねこ→りく様! | 2010年6月 8日 (火) 21時51分

◇様こんばんは~コメントありがとうございます♪お返事が遅くなりました
嬉しいです~いつでもどうぞ~ですよ
怪物くん8話…も良かったですね~そうなんですよ!毎回、涙してますから
最終回はどうするんでしょう~覚悟して観ます!
私も、舞台は行けないのでなかなか観れませんが…
いつもの、のんびりした感じではなく表現力たっぷりですね~
今の大野くん、ほんとに素敵ですよね
私も、ついて行くのに精一杯で~必死です(笑)一緒に頑張りましょうね

投稿: みねこ→ちさっぴ様! | 2010年6月 8日 (火) 21時46分

◇あんこ様
こんばんは~コメントありがとうございます♪お返事遅くなりました~
こちらこそ~また来ていただいて嬉しいです!
8話は、コミカルな大野くんの演技が光ってましたね
そうですね~まだまだ子供の怪物くんには
本当に酷なことが起きてしまって(泣)逃げだしてしまいますよね
最終回、みんなが幸せになって欲しいです~!
もうすぐ、土曜日…楽しみのような~寂しいような…ですね

投稿: みねこ→あんこ様! | 2010年6月 8日 (火) 21時36分

◆きき耳ずきん様
こんばんは~いつも拍手メッセージをありがとうございます♪
怪物くんの8話は、悲しかったですね~
大王様が石になって、どうにも出来なくて逃げ出す怪物くん(泣)
なんだかとっても可哀そうでした
でも、前半の怪物くんのコミカルなところが大野くんらしいといおうか~
いよいよ最終回ですね…観たいような観たくないような~
こちらこそ~よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

投稿: みねこ→きき耳ずきん様へ | 2010年6月 7日 (月) 22時41分

こんにちは。。
今日も読ませて頂きました。
私も、みねこさんが書かれたように同じ事を感じながら
怪物くん見ていました。
智くんの演技力凄すぎます。
百面相まさにその通りだと思います。
ますます智くんの今後が楽しみですね。。

投稿: りく | 2010年6月 6日 (日) 19時49分

みねこさん、こんにちは
また遊びに来てしまいました
昨日の怪物くん、よかったですね〜
というか昨日もよかったでした
毎回、涙してますが、どんどん盛り上がって最終回、私は間違いなく号泣してると思います。

大野君の舞台を私は一度も見たことはないのですが、テレビとかとでは全然別人という噂をよく聞きます。
きっと素晴らしいのでしょうね〜
本当にに才能の宝庫ですよね!

嵐にしやがれも可愛いかった
そして美し過ぎる
今の髪型、ホント、素敵です。

土曜日は一気に嵐ごとが発表されてだんだんわけがわからなくなってきましたが何とかついていきたいと思いま-す

でもがついてかないかも(笑)
頑張って働かなきゃです
また遊びにきますね

投稿: ちさっぴ | 2010年6月 6日 (日) 17時08分

二度目まして。あんこです。
怪物くん第8話、ありがとうございました。
そうなんです、前半はハラハラしたもののコミカルで爆笑だったんです。
白目むいて失神、すねて悩んで笑って、大野くんのクルクル変わる表情に感動しながら見ていたんです。
後半、怪物くんに厳しい現実が一気に迫って来て…悲しくて心細くて不安な表情がもう切なくて
多分ヒロシと同年代(人間なら)の設定の怪物くんには余りに過酷な状況ですよね。
逃げられるなら逃げたくなって当たり前。
どうなる最終回!
終わって欲しくないけど、終わらせてあげたい複雑な気分です。
怪物王子だけではなく、出来ればデモリーナ様もデモキン王子と穏やかに幸せになって欲しいです。

投稿: あんこ | 2010年6月 6日 (日) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8話「怪物くん」前編! | トップページ | 危険なふたり「嵐にしやがれ」 »