« 風にも、風邪にも、嵐にも! | トップページ | 成瀬領弁護士ですか »

2010年3月22日 (月)

花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ

昨日、強い風の吹くなか、お墓参りに行ってきました
日頃は、まったく見向きもせず
お彼岸だからと、出向くのですから本当に申し訳ない気持です

その霊園には、ずっと桜の木が続いていまして
この暖かさでもう七分咲きでした
一陣の風に吹かれて花びらが舞っていくのを見て
ふと、思い出しました

「花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ」

この杯を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもある
さよならだけが人生だ

干武陵の「勧酒」という漢詩を作家の井伏鱒二が訳したものです
原文を読むと、また違う解釈がありますが
私は、この言葉が大好きなんです

今日、月曜日は「宿題くん」最後の日
くしくも、翔くんがオトノハで
ずっと、続いていくと思えたドラマの撮影が終わり
その寂しさを書いていましたが

桜が咲いているのを見ると感動するんです
あー、どんなに逢えなくなった人がいても
桜はまた、同じように咲いているんだなぁ…と
思わず涙ぐんでしまいました

どんなにきれいに咲いた花でも
その翌日には、嵐に吹かれれば散っていく
ならば
この瞬間をどうぞ大切に
そして、またその花にめぐり逢える日を信じて!

今日の「宿題くん」最終回を
そんな気持ちで待っています…

こんな殊勝なことを言ってますが
今日の宿題くん
やっぱり最後はパジャマでしょ!!って
懐かしい~
そんなのを観たら、冷静には観られないかも~~(涙)

星の数ほどあるなかで、来ていただいてありがとうございます
そして、最後まで読んでいただいて本当に感謝しています!

|

« 風にも、風邪にも、嵐にも! | トップページ | 成瀬領弁護士ですか »

宿題くん」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風にも、風邪にも、嵐にも! | トップページ | 成瀬領弁護士ですか »