« インドア?アウトドア?「嵐ちゃん」 | トップページ | 脳内大野くん »

2009年6月13日 (土)

切なさをくれる歌

あなたの一番大切なOneは何ですか…

ではなく!

「切なさをくれる歌」…ってありますか?
どんな歌で、そしてどんな想いがあるんでしょう

の歌はどれも大好きですから、とてもとてもOneは決められません
その時その時の思い出が詰まっていますから

でも、その曲が私に何とも言えない「切なさ」をくれるんです
それも、もちろん一曲だけではないんですけど
その切なさもいろいろありますからね~

そのうちのひとつが…「The Bubble」なんです
これは、2004年7月にReleaseされたアルバム「いざッ、Now」に収録されています

このアルバムが発売された頃、のファンになりたてで…
それこそ夜も寝ないで(笑)大野智の昔を探す旅に出ていました
それはそれは楽しかった~幸せでした~
でも楽しい反面…
とてつもなく寂しくもなったんですね
あー、もっと前から、その時々で、その時々の大野くんを見ていたかったなぁ
なんて、いい年をして想ってまして(笑)
いやいや、笑いごとではない悔し涙を流す日々でした(涙)

そんな時に発売された、このアルバムですが
その前のアルバム「How's it going?」がディスコ調の雰囲気たっぷりでしたから
「いざッ、Now」を聴いた時の大人っぽさに驚きました

あ、いつもながら専門的な事が何ひとつ言えなくてスミマセン!
知らないのに言って、間違ってると恥ずかしいので
結局すべて感覚だけの表現になってしまうという
あくまでも原始的な自分が何とも情けないのですが…
知識がないって恥ずかしいですね~(汗)

ま、それはともかく
その中でも、「The Bubble」はまた格別に大好きなんです

僕に力を…
僕に力を…伝える力を

この歌詞から、そして大野くんの声から始まりますが
もう…出だしで泣けます
その後に続く曲調が響くんです

歌詞自体は少なく短い曲ですが
大野くんの高い声と低い声が交差して
その声と歌唱力で大野智の魅力がこれでもかとギュ~ッと詰まっています

もちろん、ソロではないので全体に嵐みんなの声もちゃんと聴こえていて
そして、翔くんのラップがいつにもまして意味ありげで本当に深いんですね
この頃の翔くんは、きっとまだRap詞をそんなには作ってなかったんでしょうか
本当に凝った歌詞になっています
この歌のストーリーも、実はとっても抽象的なのですが
それがかえって何ともリアルな雰囲気を漂わせて
歌の向こうに大野くんを想像させるんです

この曲を聴いた頃は、まだ嵐がどんなグループかもそれほど知らず
大野くんがどんな人なのかもまったく知らずにいたので
この曲で大野くんの声を聴いたような気がして
わけもなく、たまらなくなったんですよ
きっとそれは、意味などないような気がします
大野くんが好きとか、嵐が好きとかではなく
きっと、もっと何か心のどこかで
大野智の声と歌唱力に引きずり込まれたんだと思います

そう、ガツンッと一発やられた感じ?(笑)
そんな衝撃でした

その後は、もうこんな歌を歌ってしまう大野くんがたまらなく好きになって
ず~っと聴いてました
車の中で、家の中で…そして頭の中で(笑)
その結果…この曲を聴くとどうにも切なくて…たまらなくなるんです
だから日頃は聴かないようにしてるんですけどね(笑)

だって、大野くんを好きになりすぎるでしょう!

やはり、恋愛もそうですが出会った頃の衝撃はとてつもなく幸せだけど
切なくもある

Bluesですね~

|

« インドア?アウトドア?「嵐ちゃん」 | トップページ | 脳内大野くん »

大野智」カテゴリの記事

コメント

◇ひーほー様
わぉ~、こちらにもいらっしゃいませです~ありがとうございます
実は、私も最近ビリージーンを聴いてますよ~
おんなじです!私も歌詞はまったくわからないので
ほんとに、曲とマイケルの声の何とも言えない切なさがハマったんでしょうね
随分前の(笑)いろんな思い出がそれとともによみがえってきます
実は…私はペ、ヨンジュンさんのドラマを一度も観た事がないんです!
でも、やはりドラマの内容とともにみんなハマるんでしょうね~
そちらもいつか観てみたいと思います
人間、生きてると切ないことだらけですね(笑)
ほんとに、ひーほーさんいつもありがとうございます

投稿: みねこ→ひーほー様! | 2009年7月 4日 (土) 09時30分

またまた失礼します。
今、マイケルのビリージーンを久しぶりに聴いてみました。
英語にはとんと弱いので歌詞の意味は全く分からないのですが、曲調と、マイケルの歌声が何とも”切ない”曲だなあ・・・と思いました。多感な年頃のあの当時もこの曲を聴いて勝手に切なくなっていたような気がします。あと、”切なさ”つながりで・・・。
”冬のソナタ”の高校生役と”太王四神記”でのペ・ヨンジュンが大好きだったのですが、それが突然大野くんに”魔王”落ちをして・・・。自分でも何故!?と、不思議だったのですが、謎がやっと解けました~。ぺ・ヨンジュンも大野くんも”切ない”んですよね・・・。ふと見せる表情が・・・。私もみねこさんと一緒で”切なさ”に弱い?ようです。

投稿: ひーほー | 2009年7月 3日 (金) 23時18分

◇たそがれ様
おはようございます~いつもありがとうございます!
休日は珍しく朝から書けるので、おはようと言いたくて~(笑)
私も、書いたあとに思いましたが…オールですね!ぜーんぶですね
私もそうです!大野くんの切なさに惹かれるんですよ
ステゴーは…もう大野くんのテーマのように聴こえてしまうくらいです(笑)
いざッ~は、今聴いてもちょっと変った感じの曲調が多いですよね
何か、どこか外国から曲を買っていると翔くんが言っていたような…
だからなんでしょうか、新鮮な曲が多かったです
と、こんな感じで感覚で生きている私ですが(笑)
いいですか?いいんですか?
たそがれさんに、そう言っていただくと頼もしい限りです!ありがとうございます
で、!ぜひとも、セルフカバー熱望します!…三十路記念(笑)

投稿: みねこ→たそがれ様! | 2009年6月14日 (日) 10時41分

◇ぴぃ様
おはようございます!いつもありがとうございます
珍しく朝から書いてます~
そうですよね!どれも、いろんな場面で好きなんですよね~
今でこそ私も落ち着いてますが(落ち着いてないですか?)
以前は、本当にもっと前の大野くんが知りたくて~(泣)
あー、そして私も昔に戻りたい!(笑)
でも、昔は昔の今は今の大野くんの良さがあるんですよね
今を大事にしよう~って思いまして(ひらきなおって)(笑)
そして、これからの大野くんを楽しみにしています
ぴぃさん、一緒によろしくお願いしますね~

投稿: みねこ→ぴぃ様! | 2009年6月14日 (日) 10時27分

◇よっち様
おはようございます!返事が遅くなりましてスミマセン
読んでいただいて、ありがとうございます
私こそ、コメントをいただいて癒されまくりですよ!
よっちさんは、デビューくらいから大野くんが気になっていたんですね
それは、素晴らしい~見るをお持ちです!
「Deepsorrow」は、もう~涙なくしては聴けません!って言うか見れませんね(涙)
あれは…母性本能をやられます!痛々しいくらいですもんね
あれを生で観たかったですよね~(泣)
もっともっと、大野くんの熱唱する姿を見てみたいのですが
なかなかそんな機会もないですね…もったいない気もしますが
よっちさん、全然重々しくなんてないですよ~
私も語りだしたら、ほんとはもっとず~っと言いだしますよ(笑)
それだけ、我らが大野くんは魅力的な人間なんですよね
そして、こうやってお話を聞けるのが何より嬉しくて仕方がないのです
こんなところですが、よろしかったらまた遊びに来て下さいね
他にも大野くんの素晴らしいところを教えて下さい!

投稿: みねこ→よっち様! | 2009年6月14日 (日) 10時14分

◇ふるむーん様
おはようございます!返事が遅くなってスミマセン
はじめまして、読んでいただいてありがとうございます
そのうえ、コメントいただいてとっても嬉しいです
ふるむーんさん、私達、素晴らしい人を愛してしまったんですね~
何だか気恥ずかしいですね~普段好きとしか言わないので(笑)
ただ、幸せ~って思っていればいいものを
何故か、せつな~くもなってしまうという私の恋心でしょうか(笑)
そんな事も全部含めて、楽しい事なんですよね~
ほんとに大野くんの歌は素晴らしい!
もっと熱唱する大野くんを見れるといいなぁと思います
それから…コメントいただいて本当にありがとうございました
こんな事をいつもブログに書くものの、本当に何も知らないもので
良かった~とか、いい~とか、可愛い~くらいしか書けず
いいのでしょうかと思っていましたので
ふるむーんさんの力強いコメントを読んで、ほっと安心しました
こんな私ではありますが、よろしかったらまた遊びに来て下さい

投稿: みねこ→ふるむーん様! | 2009年6月14日 (日) 09時37分

こんばんは、みねこ様。
またまた今日は趣きの変わった話題をありがとうございます。
ちょっと胸を突かれましたね。普段好きな曲はアレコレ考えてみるのですが・・・
すみません。オール、全部です(汗)。

私が大野君の歌に惹かれる根本が、その甘々で切ない声なので、仕方ありません。
しかし、元々バラードなど切なさを前提 に歌われる曲よりも、アップテンポで前ノリな曲にウラハラな切なさを感じるので、ステゴーかしらん?

みねこさん、専門的な音楽用語なんて不要ですよ。みねこさんが素直に物語って下さる嵐の魅力が、こちらの魅力なのですから。

いざッ、は不思議なアルバムですよね。嵐に慣れない頃は、曲の振り幅が大きくて、???
でも今は嵐の多様な可能性がぎっしり詰まった名盤だと感じます。
バブル、智の三十路記念にセルフカバー 希望します。

投稿: たそがれ | 2009年6月13日 (土) 21時20分

確かに嵐の曲の中で一つを選ぶのは難しいですね〜
ある曲は沈んだ気分を盛り上げてくれるし、シットリムードのある曲は心を落ち着かせてくれるし、悲しい歌詞の曲はついつい引き込まれて、せつなくなります
あぁどれも好きです
私もファン歴が浅いので以前の曲は、後からCD買って聞きました
思いましたね〜もっと早く嵐を好きになってたら(もっと若かったら)って でも、いいのです!今から10年を迎えて熟していく嵐を大野くんを見れるから…遅くないですよね?
きっと…

投稿: ぴぃ | 2009年6月13日 (土) 19時04分

初めてコメントさせて頂きます…小学生二人の働く子持ちママ、よっちと申します。毎日ブログを拝見しては共感し、癒されております(^o^)
嵐デビュー当時から大野さんを気になってはいたものの、不治の病サトシックにかかったのは魔王から…という新参者です。なので過去の大野さんを知る為に、専らYouTubeを利用してしまう日々です。「The Bubble」もYouTubeで初めて聞き、大野さんの透き通る高音に酔いしれました!あとは2001年の少年隊プレゾンで歌ったソロ曲「Deep sorrow」…この曲を聞くたび未だに号泣してしまう私は何なのでしょうね(ToT)。まだ二十歳の大野さんが少年の様に細い体で全身全霊をかけて歌い上げる姿…神々しく、美しいそのお声を聞いていると、自分がやけに醜く汚れた心の持ち主のような気がして。でも大野さんの天使の歌声が、私の汚れた心を全部洗い流して綺麗にしてくれる様な…そんな不思議な気持ちになるのです。才能溢れる努力の人、大野さん…なのに謙虚で欲が無くて…もうっ、私にとっては神ですね(;∇;)/~~
何だか興奮して、重々しい文章になってしまいました…すみません(-_-;)。大野さんの歌声に魅せられたという熱いブログを拝見してたら、つい…。これからも素敵なブログを楽しみにしています~!ありがとうございました(o^-^o)

投稿: よっち | 2009年6月13日 (土) 16時21分

はじめまして!
いつもブログを読ませていただいていますが、コメント送らせていただくのは初めてです。
智君への熱い思いが真っ直ぐに伝わってくる言葉の数々に 思わず綴らずにはいられなくなってしまいました。 私も智君の歌声から入ったものですから 同じ思いです。 なんとも不思議な表現し難い魅力に溢れた声ですよね! また 声そのものの力だけでなく 表現力といいますか いかに聴かせてくれるかも智君独特の素晴らしい世界があります。 専門的なものや知識なんてそれほど重要なものとは思えません! 智君からのメッセージに何を感じ 何を受け取るか どう味わうか その幸福感と喜びをストレートに表して下さったなら それだけで心に響きます。私達 素晴らしい人を愛してしまったんですね! 幸せでもあり 苦しくもあり…

投稿: ふるむーん | 2009年6月13日 (土) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切なさをくれる歌:

« インドア?アウトドア?「嵐ちゃん」 | トップページ | 脳内大野くん »