« 大野智という人(努力と忍耐について) | トップページ | ことの葉 »

2008年10月27日 (月)

大野くん

まずはお詫びします。
大野智という人(努力と忍耐について)…の記事で
大野くんの京都行きの件で、認識不足で間違った表現をしていました。
(そして、私なりに少し修正しています)

ほんとうに申し訳ありませんでした。
教えていただく事はほんとうに有り難いと思っています。

いろいろ書くとみっともない言い訳になってしまいますので…

私の間違った表現で、もしお気を悪くされた方がいらっしゃったら
本当にすみませんでした。
もし良かったら、これに懲りずにまた覗いてみて下さいね
そして、こんな私ですが大野くんの事が大好きですから…
大野くんという人の事をもっと知りたいと思っています。

そして大野くん、ごめんなさいね

|

« 大野智という人(努力と忍耐について) | トップページ | ことの葉 »

大野智」カテゴリの記事

コメント

るみるみさん はじめましてこんばんは!
コメントいただいてありがとうございます
とっても嬉しかったです。

まったくその通りですね
あわてもののうえに小心者の私でして…

我慢してると長くつづかない智ファン

名言ですね~

るみるみさんへの感謝の言葉が見つからなくて
もったいなくて言葉にできない…と言うか

ほんとうにありがとうございます!
こんな言葉しか出てこなくって

よろしかったら、またお越し下さいね
いえいえぜひともです!

投稿: みねこ→るみるみ様! | 2008年10月28日 (火) 22時34分

かきさーん!来ていただいてありがとうございます!!
もう会えないかと思いました。

こちらのほうこそ反省しきりです~
あとで読み返して、恥ずかしくて…
ちゃっかり書き直しちゃいましたよ!
あのまま残しておくのがしのびなくて…
ほんとにほんとにスミマセン!そしてありがとうございます
これからも遠慮なく言って下さいね!

私もまたこれからも、いろいろいろいろ~と
あれこれと想いながら大野くんを応援します
また以前の事などを教えて下さいね
これを機会によろしくお願いします!

投稿: みねこ→かき様! | 2008年10月28日 (火) 22時13分

nicchiさん こんばんは~
おー過去への旅ですね!いいですね~
なんだか凄いですよね…大野くんって
だから今の大野くんが最高なんですね!
もっと早く出会いたかったー(泣)

私もこんな大野くんバカです!よろしくね


投稿: みねこ→nicchi様! | 2008年10月28日 (火) 21時47分

こんばんは、はじめまして。
少し前の大野君のお髭の事ですが・・・
他の方が「髭も大好き」だからってみねこさんも我慢しなきゃって思う必要ないと思うんです。
そこまで我慢してると、長くつづかないです智ファン(爆)
人それぞれ、思うまま自分の気持ちに素直になればいいんじゃないでしょうか・・・それじゃダメなのかな・・・
不満ばかりとみねこさんはおっしゃいますが、全然そんなことないと思いますよ。
いろいろブログ巡りさせていただいて、言葉では今の日焼けと顎髭な大野君も大好き!自由な所がいい!って書いてらっしゃっても、明らかにいつもと様子が違う・・・無理してらっしゃるんだろうなって思ってしまうブログ様が多いです。
結果、なんだか皆さん右へならえで同じ様な事ばかり書いてるなあって。
読み手として、それを良しとする方が多いのかもしれませんが、私はそういうの読んでて楽しくないんです。
その人その人、素直に感想書いてくださる方の文章に惹かれます。

みねこさんは思った事、素直にブログに吐き出してくださいませ。
溜め込むとご自分が辛いですから。
髭が嫌いで何が悪い?!くらいの心持ちで(笑)

長々と失礼致しました。

投稿: るみるみ | 2008年10月28日 (火) 19時58分

昨日は、不躾なコメントでみねこさんを傷付けてしまって
本当に申し訳ありませんでした。
もっと他の表現の仕方や書き方があったのではと反省しています。
本当にごめんなさい。


これからもみねこさんの感じた大野君像が読んでみたいです。
そして大野君を応援していけたらいいと思っています。


投稿: かき | 2008年10月28日 (火) 13時55分

みねこさん、こんにちは!

最近、過去への旅をしているnicchiです。(笑)

97年のkyotokyoと、98年の大野くんの映像を見て思ったのですが、
97年の大野くんは、吊るされて泣いたという話を聞いたせいもありますが、まだ少年っぽくって、頼りなげ。
こっちが励ましてあげたくなるの(涙)

ところが、98年になると、Jrの中にいると群を抜いて大人なの!
ダンスも堂々としてて、すでに揺るがない自分を持ってる感じがします。

それを見ただけでも、京都で頑張ったんだな、なんて思えて
彼の京都行きへの思いや、その努力を
垣間見える気がしました。

そんなことを想像しながら、
自分まで切なくなってしまう大野くんバカの私です。(笑)

投稿: nicchi | 2008年10月28日 (火) 06時18分

Ryokoさん ありがとうございます!
私、恥ずかしいですね。本当に…
こんな事を言うと、余計に恥ずかしいのですが
Ryokoさんのコメントを見て泣けました。
いい年して自分が情けなかったもので
そして、こんな私にまたコメントを下さって
ほんとにありがとうございます!
でも本当に、教えていただいたけることは
有り難いですね。嬉しかったです
教えてもらわなければ、気づく事もなかったでしょう

こんな私ですが、よろしかったら
また来て下さいね。


投稿: みねこ→Ryoko様! | 2008年10月28日 (火) 00時29分

下の記事でもコメントさせていただきました。
私も、京都時代の大野くんを知らないので
ダンスをやりたいと京都に行ったと読んだはずなのに
そういうこともあったのか~と、読んでいました。

間違いは誰にでもあります。
勘違いも誤解も、同じくです。
私もよくありますよ。

そこを、正してくれた人がいるって事が幸せですね。
なかなか、違うよって言って教えてくれる人は
いない気がしますから。

大野くんへの気持ちは、今までのエントリーを読めば
十分伝わっています。

もっと知りたい、もっともっと知りたい。
その気持ちは一緒ですよ。

これからも、読ませて頂きます。

投稿: Ryoko☆ | 2008年10月27日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大野智という人(努力と忍耐について) | トップページ | ことの葉 »