« 大野くんのお言葉(by-Web) | トップページ | 「風の向こうへ」を聴いて »

2008年10月20日 (月)

二宮和也という人 その2

「流星の絆」が始まりましたね。

と言ってもスミマセン!まともに見ることができておりませんで。
大野くんの「魔王」はやっとこさ(古いっ!)、どうにか、見ることができましたが
やはり連続ドラマを見ることは難しいようです(悲)

しかし、偶然にも先日の金曜日が午後からの出勤の仕事だったため
番宣のため出演していた、はなまるカフェに遭遇しました。

実は初めて単独の二宮くんを見たのですが、よく喋るんですね。
そして意外にもその喋り方は、いたって普通の青年でした。(普通って?)
いつも嵐の中でツッコミ役の二宮くんですが、なんだか可愛らしかったですね。

そして熱中しているマジックはやはり、そつなくこなすプロっぷりで!
しかし大野くんの釣りは、個展と違ってみんなにお披露目するのも難しいですが
二宮くんのマジックは、今後おおいにお披露目可能性大ですよね!営業とか

なんだかなんでもできる二宮くんを見ていると、私の中の何かがささやくんです
この人の弱っているところは絶対に見たくない!なーって
こんな強い人の弱い部分というのを見るのは苦手なので…
二宮くんという人は私にとってそんな存在なんです。

よく、いつもお世話になっている方のところで見かけるのですが…
以前は二宮くんが、大野くんにずっとくっついていたらしいですね。
それが今では、大野くんもべったりって感じで…
わからないもんですね~
もしかして、大野くんも二宮くんに頼りたい感じなのかな?
頼りがいありそうですもんね
男らしいというのかわかりませんが。

土曜日に「流星の絆」の再放送が早速あってたようですが
少しづつですが見る事ができました。
ほんとに二宮くんのお芝居は安心して見ることができますね。

大野くんとはまったく違うタイプの二宮くんですが
あーもう、思いっきりのめり込みたい衝動にかられます!

|

« 大野くんのお言葉(by-Web) | トップページ | 「風の向こうへ」を聴いて »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大野くんのお言葉(by-Web) | トップページ | 「風の向こうへ」を聴いて »