« 私の複雑な思いについて | トップページ | 櫻井翔という人 »

2008年10月 5日 (日)

大野智のどこに…

なんだかモーレツに(言葉が古い?)大野くんの事を書きまくりたくなった土曜日の真夜中です。

嵐に気づいたのは、松潤のおかげでしたが よろしかったらご参照ください~
嵐のコンサートビデオを(How's it going?ですね)見せられるうちに、ずーとLucky Manを繰り返し見てたんですよ!

わぁ-この歌おもしろいって!ラップが速すぎてなんて歌ってるのかまったく意味不明だし~って、で、何故か大野くんのソロとバック転に惹かれちゃったんです。それから、最後のピンクの衣装で歌うパレットとかね(フリルの付いたノースリーブのブラウスがあり得ないくらいプリティ!でしたね~)

あとはずーっとアルバムのとまどいながらを聴いてましたね。新鮮でした。ジャニーズでバラードがこんなに上手いとは知りませんでした。そしてどんどん大野くんの歌声と踊りの虜になって。

決定的になったのが、アイドル雑誌の(その当時4年前までは買ってたんですよ~(恥))
WだかDだかPだったか忘れましたが、嵐全員が、黒い大きな犬と一緒に写ってて
大野くんもその頃はまだ、おでこ全開の髪形じゃなかったような?板前直後?
その時のテーマが、なんか、回りの人達への感謝の言葉みたいな?特集でして
それぞれが、自分に関わる人へのメッセージを言ってるんです。

その時の大野くんのメッセージが、どれもこれもやさしさ溢れる内容だったんですよ!
いつもお世話になっているスタッフへとか、家族もだったかな~?あとはファンへの感謝の気持ちを言ってました。
その時は初めてそんな雑誌を買い出したということもあって、内容がどれもこれも新鮮でした~(今はね~言ってる事は基本ずーっと一緒ですもんね)
で、大野くんも今と違ってとってもピュアな人に思えたので…(今がそうじゃないかと言うと語弊が…人は成長しますもんね、たくましく…いい意味で!)

で、すごく感心したのとその時の写真がまた!大野くんのとっても癒し系抜群のマイナスイオン出まくりの笑顔で、黒犬とべったり映ってるんですよ~
お持ちの方はぜひ、見てみて下さい!
私ももちろんファイルしてますが、うーん押入れの奥に眠ってるんでしょうね

要するに…やっぱり大野智という人に、歌声と踊りで魅了され、その人間性に惹かれてハマったんですよ!私は

あれ?ルックスは?

はまってから、皆がそうであるように過去への旅に誘われて…
そこで、いろいろ昔の写真を見たりすると以前の大野くんのとっても可愛い…?
あー私はいつからそんな年下(かなり!)の可愛い男子に興味を持つようになったのか(謎)
これについては、自分の七不思議です。この七不思議もそのうち…

ま、とにかく可愛い大野くんにもノックアウト(またまた古い?)されました!認めます。

皆さんはいったい大野智のどこにハマったんでしょうね?

|

« 私の複雑な思いについて | トップページ | 櫻井翔という人 »

大野智」カテゴリの記事

コメント

nicchi様 いらっしゃませ!

私もまだまだ新参者と思ってましたが。
嵐を知って後追いなんですよね、遡って見ました。
最初は、何でもっと早く大野くんを知らなかったんだーと
悔みました!(泣)リアルタイムで見たかったからですね。
でも、nicchiさんの言う通りで、今だからその魅力に
気づいたんでしょうね。

そして、nicchiさんは声堕ちなんですね。大野くんの声はいい!
あのひっくり返るところは最高ですよね!
なんだろう、切なさとか哀愁(古い?)がある!
冬のニオイとか、イチオクノホシとか、The Bubbleとかね~
あー語るとキリがなくなってしまいますね~


投稿: みねこ→nicchi様! | 2008年10月 5日 (日) 22時24分

みねこさんは、私が知らなかった嵐くんを
たくさん知っていらっしゃるんですね。
また、色々教えて下さい!

もう少し早くから大野くんのことを知っていたらな、
と思うことも多いですが、
逆に、ルックスは好きなタイプではなかった!?大野くんが
好きになれたのは、自分がこの年齢になったからかなとも思います。

私は、歌というか声堕ちです。

「とまどいながら」 私も大好きです!
♪言葉にできないほど~♪ のソロのところが特に!!
声がひっくり返るところが、たまらないです。

大野くんは知れば知るほど、
その人間性に魅かれてしまいますね。

その人の人間性まで好きになれたのは
大野くんが初めてかもしれません。


投稿: nicchi | 2008年10月 5日 (日) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の複雑な思いについて | トップページ | 櫻井翔という人 »