« 「魔王」…剥がされた天才のベール | トップページ | 松本潤という人 »

2008年9月17日 (水)

「Truth」という曲の素晴らしさ

この夏、大野くん主演のドラマ「魔王」の主題歌として「Truth」が使われたわけですが…
今までよりもかなり売れているんですよね?

もちろん、両A面の「風の向こうへ」もとっても素敵な曲ですが、なんと言っても「Truth」は今までにないようなメロディと嵐のシングルにはなかったカッコ良さがその要因ではないでしょうか。ドラマが始まる前は嵐が主題歌を歌うといいなぁと淡い期待を抱いていましたが、なんせちょうど花男の主題歌が出たばかりで無理なのではと思っていましたが。

初めて、「魔王」で流れた時は鳥肌ものでしたよね~ゾゾーって感じですね。しかも相変わらず大野くんのボーカルは素晴らしく、なんというかまっすぐな声なのに最後まで息使いが聞こえるというか…たまりません!

残念なのは、この曲でのテレビへの露出が少なかった事。もっとバンバン歌番組に出演し、ここはこの曲の素晴らしさをアピールするべきだったような気がします。

なぜなら、普段あまり嵐の曲を好んで聴かない人から「あの歌いいね~」と言われたからです!でもその後で、「この歌でテレビにあまり出てないよね、歌ってるところ見たことないから」って!いやいや出てますよ~とはあまり言えず
一番大野くんが格好良かった(であろう~)うたばんを見せてやりましたよ!

やはりファン以外の人達は何てったって気づくのが遅いんですから…もっと何度も出演させないと浸透しないんですよ(ジャニーズ事務所の偉い方お願いします)

|

« 「魔王」…剥がされた天才のベール | トップページ | 松本潤という人 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「魔王」…剥がされた天才のベール | トップページ | 松本潤という人 »