« 大野智への道 | トップページ | 大野くんのおかげで その1 »

2008年9月 5日 (金)

「魔王」10話の初見感想は…

恐ろしい…ほどに哀しかったです。

リアルタイムで見終わったばかりの感想です。切ないとか可哀想などの言葉ではない感情ですね、なんだろう…あまりの恐ろしいまでの哀しみに手で顔を覆ったまま見てました。

もう引き返す事ができなくなった成瀬領が愛おしくてたまりません。そして登場人物のすべての人が傷ついているし

ボロボロになった直人、そして兄、11年前の事故のためにこんなにも傷ついてしまっているなんてむごすぎます。すべては、少年達の傲慢な過ちのせいでしょう

ただ、ナイフでさされた事故のせいではなくいじめが原因で起きたこの宿命

そのためにこんな魔王を作り出してしまうなんて恐ろしいですね

時間を元に戻せたらどんなに幸せでしょうね…

と、今回は演じた人達よりもこの物語の人物がまるで実在するかのような哀しみを感じた夜でした。

しばらくはこの余韻にに浸っておく事にします。

|

« 大野智への道 | トップページ | 大野くんのおかげで その1 »

ドラマ「魔王」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大野智への道 | トップページ | 大野くんのおかげで その1 »