« 「Truth」という曲の素晴らしさ | トップページ | 迷走する「アラシちゃん」 »

2008年9月19日 (金)

松本潤という人

嵐に気づいたきっかけが松潤でした。

身内が再放送の「きみはペット」を見て、松潤のファンになったのです。それから私も嵐のビデオやらDの嵐やらを見るようになって大野くんにはまったわけですが。

そもそも、松潤を見てから嵐を見るようになった!という人の話は良く聞きますね
やはり松潤という人はとても華やかな人
初めてのコンサートで、すぐ近くに松潤が来てあたり一面にすっごく煌びやかな笑顔を振りまいて行ったのを見て本当に息を飲む美しさだと思いました。そして誰もがその笑顔の虜になるはずだと確信しました。

そして、松潤の良さは見た目だけではありませんよね。
その華やかな見た目とは違う少年ぽさや、グループ内で一番年下であるにもかかわらず常識的であるように思えます。

特筆すべきは、いつもはクールな松潤(キャラ作りかも)が、たまにコンサートや何かで大野くんにべったり甘えているところが、やはり本来の年下らしい可愛さを醸し出すんですね~性格的にでしょうか、インタビューやコメントからもその生真面目さがうかがえます。あまりにも真面目なコメントにたいくつしそうになるのはご愛嬌!
コンサートやなんかの挨拶もたまに、長いっ!と思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)

しかしその生真面目さが嵐の良さを引っ張っていっているのかもしれませんね。

いずれにしても、嵐に松潤がいなければ大野くんを知る事もきっとなかったはずなのは確かのようです。その意味でも松潤は私にとって特別な人なのです。

|

« 「Truth」という曲の素晴らしさ | トップページ | 迷走する「アラシちゃん」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Truth」という曲の素晴らしさ | トップページ | 迷走する「アラシちゃん」 »