« 「魔王」最終話の初見感想は… | トップページ | 生田斗真くんについて »

2008年9月13日 (土)

「魔王」最終話の感想を…ひとまず

やっと、最終話を見直す事ができました…。

最初から、直人の兄に泣かされました。この「魔王」は、復讐の話と言うよりも、父と息子の関係だったりいろんなテーマがあると思いました。ジェームスディーンのエデンの東にもありますが、「魔王」の場合は長男の苦しい思いがあったのですね(泣)

父が息子の死後に泣きながら自分を許してくれと言う場面が、人間のすべてを表しているのでしょうね。誰かの幸せは必ず、他の誰かの犠牲の上に成り立っている。それでいいと思っていた父の考えが、このすべての不幸を生み出したのですから。

若くして悲しみと憎しみのあまり魔王になってしまった真中友雄が、最後は魔王になりきれずにいつもの赤い部屋を破壊する場面の成瀬領があまりに不憫すぎて…もう。

そしてしおりとの最後の場面…しおりの残酷すぎる言葉が更に成瀬を苦しめたでしょうねぇ(悲)
暗いトンネルに進もうとしている成瀬に「成瀬さんが進もうとしている道にはこんな幸せな景色がありますか?」…ないよね…死に向かっているんですもんねぇ
めぐる季節の幸せを話す時のしおりちゃんのセリフが悲しい。そして上を見上げる成瀬の表情が…辛い、希望のない顔をしてるようで。

ついに父が死んでしまって、直人の悲しみも最高潮に達してしまい、泣き崩れる直人が可哀想なんてもんじゃないですね。可哀想すぎる直人が不憫で…もう。でも成瀬はこの時を待っていたんですね、ほんとに意外な目的でした。

あーこの後、メガネ山野に刺される成瀬領!思わず、ちょっと!何すんの!何してくれんのうちの成瀬領にと叫びそうになりましたよ(怒)(たぶんすべての大野ファンが)
山野が出したナイフを取ろうとする時の成瀬の顔が最高に美しいのです、まるで菩薩のようにやさしい顔…が刺されて一転して苦しい表情に変ってしまいますが。

お約束のように刺される、もう一人のメガネ葛西くんです。しかし、あの麻里さんはまったくなんだか今ひとつわからなかったような気がしますが。

あー刺された成瀬!早く助けを呼んだほうがいいよ~!と願わずにはいられなかったですよね。(たぶんほとんどの大野ファンが)
息も絶え絶えで、直人との待ち合わせ場所に向かう成瀬領~!
こんな緊迫した場面なのに、つい歩いたらキツイからタクシーで…と。(失礼!これは私だけでしょう)

ここで、成瀬領の手紙!やった~!大野くんに手紙を読ませたら絶品なのは黄色い涙で実証済ですが、素晴らしいのは、この声が黄色い涙の声でもなくもちろん大野智でもなく、やはり成瀬領の声、話し方なんですよね~。凄いよ大野くん!

成瀬領が手紙の中で「新たな未来をあなたと一緒に生きていけたら…」と夢みた事を告げている事が切なすぎます。こんな素敵な男性がなぜ幸せに生きていけなかったのか…現実の話ではないとわかっていても涙が止まらなくなるんです。

Trusの曲に押されるように、刺された体を引きずりながら歩く成瀬領が…もう、たまりません美しすぎて。

最後の領と直人の場面の大野くんは、感情を露わにするからか舞台の大野くんを見るようでした。復讐の本当の目的である直人に自分を殺させる…直人が殺してあげたら領はきっと微笑んで死んで行けたんでしょうか。目的を遂行する訳ですから。

でも直人が死ぬ時のセリフが…もう、素敵すぎて生田くんに惚れました、そしてまた泣けました。やっと自分を許し、成瀬をも許してくれたんですよね(泣)

成瀬もまた、最後にやっと直人を許し、魔王になった自分自身も許して死んでいったと思いました。この時の成瀬の顔が今までにないくらい大人な男の顔なんですよね~

はぁー、悲しみがぎゅっと詰まった最終話でした。セリフのひとつひとつに悲しみが一杯でした。金曜日に見終わってどうしたらいいか分からず、魔王HPを見ている時にも涙が止まらなくなってしまいました。ドラマを見てここまで悲しくなった事があったでしょうか?まぁ今まであまりドラマ自体をこんなに真剣に見た事が最近なかったので、ほんとに大野くんのおかげです。

他にもいろんな思いがありますが…一度には思い出せないものですね

ひとまず…。

|

« 「魔王」最終話の初見感想は… | トップページ | 生田斗真くんについて »

ドラマ「魔王」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「魔王」最終話の初見感想は… | トップページ | 生田斗真くんについて »